特色

今年で29回目を迎える当コンクールはこれまで現在活躍中のピアニストを多数輩出してまいりました。
予選からファイナルまで響きの良いホール・ピアノを使用し、コンサートスタイルでの公開審査で行われます。審査も予選から全て音楽大学など現役のピアノ指導者またはピアニストによって行われます。
審査員からの講評は、参加者及び指導者の方々への今後の道標となり、優れた音楽的才能の発掘・育成に繋げていただけることと思います。
受賞した方々には褒賞として賞金のほかにも「受賞者によるコンサート」「ヤングアーチストピアノコンチェルト」「金銀銅受賞記念コンサート」など様々なコンサートへの出演資格が与えられます。

ファイナル受賞者の演奏

一覧

友だち追加