特別ピアノレッスン

特別ピアノレッスンとは 

第28回ヤングアーチストピアノコンクールの参加者の方は、審査員による「特別ピアノレッスン」を受講することができます。

レッスンは、保護者・指導者も聴講することができます。

日程・会場 

7月12日 (日) ミュージックイン光が丘 東 誠三先生
7月12日 (日) 成増本店センター 武田 真理先生
7月12日 (日) サウンドコート石神井公園 村上 隆先生
7月26日 (日) 成増本店センター 西川 秀人先生
7月26日 (日) サウンドコート石神井公園 石川 哲郎先生

講師プロフィール 

東 誠三

東京音楽大学付属高校から東京音楽大学に進み、井口愛子、中島和彦、野島稔、片岡ハルコの各氏に師事。 第52回日本音楽コンクール第1 位。 同校卒業と同時に、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に留学。 日本国際、モントリオール(カナダ)、カサドシュ(アメリカ)など、数多くの国際コンクールに入賞し、演奏活動に入る。リサイタル、オーケストラとの共演、室内楽などで幅広く活動。第24 回ショパン協会賞受賞。2008 年~12 年には、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲演奏会が福島・三春交流館「まほら」にて開催され、好評を博した。2012 年には、ジュネーヴ国際音楽コンクール・ピアノ部門の審査員を務めた。CDもソロ、共演盤とも多数リリースされ、いずれも高い評価を受けている。現在、東京藝術大学教授、東京音楽大学客員教授、日本ショパン協会理事。

石川 哲郎

ピアニスト・音楽評論家、武蔵野音楽大学名誉教授。東京藝術大学・同大学院およびポーランド国立ワルシャワ高等音楽院大学院において研鑽を積む。大学卒業記念演奏会でデビュー以来、国内外でソロリサイタルや室内楽・オーケストラ等との共演多数。講演や執筆または評論活動においても高い評価を獲得している。武蔵野音楽大学教授・附属入間音楽教室主管のほかヤングアーチストピアノコンクールをはじめとする多くのコンクールやオーディションの審査員を歴任。2013年12月、J.S.バッハ:「フーガの技法・完全運指版」(音楽之友社刊)を上梓、記念リサイタルで絶賛を博した。現在、音楽の友誌およびムジカノーヴァ誌に演奏会批評を執筆中。

武田 真理

東京芸術大学ピアノ科卒業。故 永井進氏に師事。イイノホールにてデビューリサイタル。新星交響楽団 ワルシャワフィル室内管弦楽団 山形交響楽団等コンチェルトを共演し好評を博す。全国各地でリサイタル 室内楽 声楽伴奏等多くのコンサートに出演。1988年より全国各地でピアノ指導法に関する公開講座を行う。2002年より三善ピアノメソードの普及に努め全国各地で公開講座を行っている。門下生の中から多くのコンクール入賞者を輩出、全日本学生音楽コンクール中学の部全国第一位 ピティナコンペティションF級金賞 特級グランプリ等。現在東京音楽大学教授 (社)全日本ピアノ指導者協会理事 ピティナメディア委員会委員長 ピティナ 音の森ステーション代表

西川 秀人

5歳よりピアノを始め長岡敏夫氏、伊達純氏に師事。1976年東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。その後イタリアに留学。国立ローマ・サンタチェチーリア音楽院でヴィンツェンツォ・ヴィターレ氏、レンツォ・シルヴェストリ氏に師事。同大学院卒業。第7回セニガリア国際ピアノコンクールで第1位入賞。その後イタリア各地でリサイタルを開催。 帰国後もリサイタルをはじめ、NHK-FMの録音、オーケストラとの協演など多方面で演奏活動を行っている。 1985年より2014年までの29年間東京芸術大学の講師として優秀なピアニスト、教育者の育成に力を注ぐ。現在、東京音楽大学講師。Y.A.ミュージック・アカデミーピアノセミナー講師。

村上 隆

北海道札幌市出身。桐朋学園大学ピアノ科卒業。故井口愛子、故森安芳樹、故林靖子(札幌)の各氏にピアノを師事。現在(四月~)、東京音楽大学客員教授、(財)日本ピアノ教育連盟(JPTA)常務理事、(社)全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。 卒業後、演奏活動と後進の指導に携わる(07年日本音コン入賞者輩出)傍ら、J.S.バッハ「インヴェンションとシンフォニア」を中心とした研究に取り組み多数の論文を発表。ムジカノーヴァなど音楽雑誌への寄稿も数多い。また、JPTA、PTNA、川口市青少年ピアノコンクールなどで審査員を務める他、全国各地で《インヴェンションとシンフォニア》を中心とした講演や公開レッスンを行う。代表著書『バッハ《インヴェンションとシンフォニア》その創造的指導法』(音楽之友社)。